時計屋に嫁いだけど難しいことは全然知りません

老舗の時計屋さんに嫁ぎました。老舗の時計屋といっても、小売の方。時計をつくる人ではないのですが…。

後継息子と知って、ほれたし、口説いたし、結婚もしたので、そのうちお店も手伝いにでなきゃいけないんです。

でも、時計のことはさっっっぱり!

懐中時計が好きだし、手巻きの腕時計も大好きだし、時計を眺めてていいよっていわれた何時間でも見ていられますが、それと時計を販売する知識があるかどうかは別。なわけです。

後継息子に聞けばいいんですが、時計のことになると話がとまらない人なんですよね。なんといいますか、オタクの一人語りがとまらないというか。教えを請うておいてこういうのも何ですが、わかりづらい。

しかたがないので、自前で知識をつけることにしました。

といっても、どこから手をつけていいのやらという感じなので、「時計」とつく本をかたっぱしから読んでいくような勢い。

お店で販売している時計のことは、優先的に知っておかないといけないんですけど、それ以前に時計の歴史やどんなブランドがあるのかも知ってないとお客様に当たり前の説明もできません。

マニアックなまでに詳しいお客様が多いらしいので…。

ぜったいにお客様よりも知識がなければいけないわけではないのですが、マニアックなひとに気持ちよく話してもらうには、聞き手にある程度の知識が必要です。

楽しくお話をしてもらうためにも、勉強しなくてはということなんです…。

このブログは、そんな(ちょっと)悩める時計屋のツマが、時計の知識をアウトプットしていくためのものです。

 

 運動中でもバストメイクできるブラ:モテフィット

コメント

タイトルとURLをコピーしました